ひぐら  男子部

一人暮らしの自宅がどんどん楽しくなる!

ティファールの電気ケトルを買うつもりで電器店いったけど、実際に買ったのは「わく子」

      2017/02/23

65465544002

どーも、グラーモです。

mogura50hwr

目覚めのドリップコーヒーに始まって、朝食あとの煎茶、晩酌どきの芋焼酎お湯割りまでの計3回、毎日かならず90℃のお湯が必要なので、20年間ずーっと「電気ポット」を使いつづけてきました。

そんな「90℃のお湯」オタクが、いよいよ「電気ケトル」に浮気した話です。試した感想は、「すがすがしい!ソフトバンクから音声付き格安simにMNP(電話番号そのまま移動)したときぐらい開放的な気分(笑)」

1つ意外だったのは、ティファールの「電気ケトル」を買いにいったのに、

それ買わなかったこと (#^.^#)。

【スポンサーリンク】

「電気ポット」から「電気ケトル」に変えたエコ活動のキモチ

654654767666

「電気ポット」ってすごく丈夫です。普通に5年以上もちますね。写真の「電気ポット」もコードの接触が悪かったり、液晶の表示がたまに「…ん?」なことがあったりするも、いまだ使用できています。

ドリップコーヒー」「煎茶」「芋焼酎お湯割り」と最低3回、多い日には10回も「90℃のお湯」を使うグラーモですから、「電気ポット」でいいハズ、と考えていたんですけど。。

【参考サイト】

どうやら24時間保温することはダメっぽい。

mogura-kanasi100r

「電気代のムダですか・・」

Q.電気ポットで保温するのは何時間まで?

ポットでの保温は、2時間までが目安となります。
2時間以上保温すると、保温の為のエネルギーより、再沸騰させるエネルギーのほうが少なくなります。

【スポンサーリンク】

3Lの電気ポットを再沸騰させるのも、時間かかるね。

寝る前に「電気ポット」の電源を切るのがベターなのでしょうけど、朝起きてすぐのコーヒーに支障がでます。3L(リットル)タンクだと再沸騰させている時間は待ちきれません。そもそも夜 電源切るの忘れるでしょうし。

いまさら感たっぷりですけど「電気ポット」って、

ひとりで使うには大きいのね。。

「広くて大きいランドクルザー」と「コンパクトな軽自動車」とでも言いましょうか。一人で乗ることが決まっているのなら軽自動車でも足りるよね という…。グラーモはランドクルーザー大好きなので一人でも乗りたいんですけどね。(^▽^)

さて「電気ポット」にランドクルーザーのステータスをもとめていないグラーモは、「エコ活動」の観点から「電気ポット」の小回りの利かなさに疑問を持ちました。

ひとり分のお湯を沸かせる、便利なエコ商品ってないの?

探してみると「電気ケトル」に行きつきます。1L程度の「電気ポット」を探そうにも種類が少なすぎるのです。2L以上は「電気ポット」、それ以下は「電気ケトル」という住みわけでもあるのでしょうかね。

【参考サイト】

電気ケトルと電気ポット、生活スタイルに合わせて使い分けよう!|MARBLE [マーブル]
必要な時にすぐお湯を沸かせて便利な電気ケトル。たくさんのお湯を沸かして保温しておける電気ポット。どちらが必要なのか迷ったら、どちらが自分の生活スタイルに合う...

ネットで「電気ケトル」探すとティファールが他を圧倒

「電気ケトル」をネットでひととおり調べると、どうやらティファールが人気です。ティファール?って男のグラーモにはピンとこなかったのですけど、「取っ手のとれるフライパンや鍋」として女性には知名度高め。

電化製品ですから、とりあえずまあカカクコム見てみましたけど、たしかに売れ筋です。

電気ポット・電気ケトル | 製品情報、価格比較、通販 - 価格.com
電気ポット・電気ケトルを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視...

実際、電化製品に関しては「①価格.com確認して、②Amazonでクチコミ確認して、③電器店で実機見て(触って)、④一番いい条件のところで買う」のルーティンでハズれないことが多いので、近所の電器店へ。

実際に電器店で触ってみたけど、、

用事ついでにヤマダ電機へ寄ってみると「電気ケトル」にも結構な種類が。1つ1つ触ってみたんですけど、全体的にチープな印象。。(#^.^#) 「大丈夫なの、コレ?」

これまで「電気ポット」一筋だったグラーモからすると、とても作りが簡易なものに感じました。サイド(側面)とヘッド(フタ部分)がすべて薄いプラスチック?な製品もけっこうありましたから。ただ「電気ケトル」の商品群はどのメーカーも総じて似た作りになっていたので、こんなものなんでしょう(笑)。

ティファールの「電気ケトル」も数種類ありましたので確認しました。

【ティファール 電気ケトル】

触ったときの質感、見た目の印象からはティファールがなぜ人気なのか、グラーモには理解できませんでした。コレやっぱ女性に人気なんでしょうか? 男性であるグラーモにはデザインも特別「ステキ!」とは思えませんでしたし(あくまで個人の感想)。

ということで、

機能がスゴイのかしら?

と視点をかえて比較してみました。うーん。。高機能ということもない。かつ低価格でもないんですね。久しぶりにびっくりました。グラーモの電化製品ルーティンの「①②③④」がハズれたことに。

「わく子」の価格・性能バランスに寄り切られた

グラーモはもともと製品の性能(品質・機能)を優先するほうなんです。ティファールの「電気ケトル」と同等の性能をもつ他製品は割とありました。つまり、グラーモ的にはティファールである必然性がなくなってしまったんですね。

むしろ比較しているうちに他製品の機能が目につきました。これまで使ってた「電気ポット」がタイガーだから推しているわけではありませんよ…笑。

【タイガー 電気ケトル わく子】

「転倒流水防止」機能を付けたいヒトにとっては プラス評価

2016-0661-18_14h20_11

「転倒流水防止」構造をしっかりと謳って、この価格帯はやはり安いです。あとで説明しますが、型番「PCF-A080のわく子」が先日電器店で1980円でしたから。グラーモはそれ以前にAmazonで買ってしまいましたけど、それでも3300円ほどでした。

グラーモはネコちゃんを飼っているので、「転倒流水防止」構造はありがたいのです。これまでの「電気ポット」は3L容量と重めなので倒れませんけど、「電気ケトル」は良くも悪くも軽いです。ネコちゃんが足場にして倒れることを心配してたんです。

ちなみにティファールでも「湯こぼれしにくい」タイプが発売されてますけど、価格的にやや割高感ありますね。

「わく子」の「転倒流水防止」構造はどれくらいの効果があるのか実験してみましたけど、「絶対にお湯が出てこない」ってわけでもないんですよね。どうも規則性がつかめないんですが、出たり出なかったりします…笑。

2016-01-18_144h36_21

ひっくり返して1分経過してもチョロッとしかこぼれていません。

2016-01-18_15554h53_55

横に倒して1分経過すると、チョロチョロとこぼれ出たりします。たくさん出てくるわけではないんですけどね。

2016-01-18_155h08_40

そうかと思えば、まったくこぼれないときもあるんです(笑)。

旧来タイプの「転倒防止」機能のない製品は構造上、お湯がジャバジャバ流れ出るでしょうから、それとはまったく違う質のもの。子どもさんがいるとか、イヌ・ネコなどのペットが動きまわるお宅では安心感が違うでしょう。

ちなみに、「転倒防止」機能に興味ないヒトはAmazonで大人気のドリテック「電気ケトル」でいいんじゃないでしょうか。お湯を沸かす性能は大差ない(3~5分)ですから、1000円~で「電気ケトル」試せるならコレもありでしょう。

【DRETEC ドリテック 電気ケトル】

価格に相応して、しっかりした作りだと感じる

P_20160118_14452922

グラーモは他製品と触り比べても、サイド(側面)のプラスチック?が厚めでしっかりした作りだと感じました。写真からもわかるとおり、上部のフタは簡単に取り外せます。本体の口が広いのでとても洗いやすく清潔に保てますね。

2016-01-18_416h54_40

コードの長さは実測で1.3mありました。消費電力が大きく タコ足配線はNGなので、設置場所によっては短いかもしれませんね。

【延長コード 3m】

実際に使ってみた感想

0.8Lはきっちり4分で沸きます。説明書に書いてあるとおり。0.8Lは使用前には少ないかなと考えていたんですけど、むしろ「1回では使い切れない量なんだ」と認識をあらためました。だから、最近は0.5Lずつしか水入れません。はやく沸くしね。(^▽^)

ホント惰性っておそろしいです。使うぶんだけ2分でお湯を沸かせばいいだけなのに、これまでそうしていたからと疑わず、20年間ずーっと保温してきたんですよ。ムダ、ムダ…笑。

この「電気ケトル」で1日3回沸かせば月180円(1日6円)くらいなので、試算では「電気ポット」と比較して年間3600円(月300円~)以上おトクです。「この3600円で元とれちゃうじゃん」てのもあるんですけど、グラーモはそれよりも「ムダしてない自分」に気分イイのです。

ちょっとの意識の違いで、エコ活動!

型番の「PCF-G080」「PCF-A080」の違いって何?

上で触れましたけど、「わく子」にはPCF-G080とPCF-A080があります。「G」「A」の違いだけなんですけど、Amazonの口コミで『性能に違いない』と書いてありました。

【電気ケトル わく子 PCF-G080

但し1点、こちらはTIGER 電気ケトル わく子 (0.8L) ホワイト PCF-A080-Wの後継機種なのですが、値段も随分今(2015.8)は異なるもののメーカーさんに尋ねたところ、「違いは、色・柄の違いだけで機能・性能に違いはありません」とのことでした。なのでPCF-A080-Wがあるうちは、こちらを選んでも良さそうです。

引用:投稿者 アランチャの太陽 投稿日 2015/8/28

【電気ケトル わく子 PCF-A080


「PCF-A080」のほうが古いので、在庫処分をしている電器店などでは1980円で売ってたりするんですね。コレ1980円ってホントにお買い得ですよ(#^.^#)。

「電気ポット クエン酸」をついでに買っておきましょう

P_20160118_183041

最後に「電気ポット」を長年使ってたヒトは知ってると思うんですけど、1年もしないうちにポット内が変色してくるんです。白い粉状のものが付着したりもします。見た目を気にしなければそれほど問題ないんですけど、ヒドくなると音が出たりします。

その音がきっかけでグラーモは使い始めたんですけど、おもしろいようにタンク内の変色や汚れがとれます。「電気ポット内の容器洗浄用クエン酸」は高いものではないので買っておいて損ないでしょう。

【タイガー 電気ポット クエン酸】

mogura150r

 - 便利グッズ